日々勉強

進級面談について面談が続いています。
 
進級時は勉強面に加えて人間関係の相談に及びます。
 
今年度は30代や上は60代の勉強への相談もきました。
転職を前提としたり自分史づくりなど子育てや介護から離れて、自身の余暇として勉強を考えていらっしゃいます。
 
家庭学習から生涯学習まで、
「学びたい」と学習意欲のある勉強熱心な方の話を聞くと
こちらの身が引き締まります。
 
先日は、企業人事の方と意見交換する機会がありました。
 
「私が若い時に社内で人事の仕事とは何か?ってとことん1年かけて議論したんです。参加者は東大京大1流大学卒の人達で、議論の場にいるだけで自分の能力の低さを痛感しました。若い時はがむしゃらに仕事に取り組むって大事です。けど、ある年齢に来ると頭打ちになる。結論としては『今の給与や待遇のまま転職できる人づくり』ってなったのですが、その時に『社内だけで通用する人になってはいけない』と思ってキャリアを考え始めました。」

40代で大学院に行き、現在新しい業界で日々の『勉強(自己研磨)』を怠らず人材育成に取り組んでいらっしゃる彼の姿勢にいつも学ぶことが多いです。
 
家庭教育、学校教育、企業教育、いろんな人材育成の現場に出会いますが、やはり勉強する人ってずーっと勉強するんだなーと実感します。
 スクリーンショット 2017-03-29 11.49.02