天井にプロペラが欲しい

フィリピンやタイ、インドに行ったときに、
ホテルの部屋や出先の部屋の天井にこんな👇プロペラがついている光景をよくみた。

ODELIC(オーデリック) 【工事必要】 シーリングファン DC MOTOR FAN

今、仕事で使っている部屋は最上階にあって、
かつ、古いアパートなので昼間の太陽熱を吸収したブロックが
夜になって一気に放射するからか、
ベランダと部屋の体感温度差別が半端ない。。。

クーラー派ではない私は、
扇風機を部屋にいる間中は全開で回すが、
それでも結構夜の体感温度は下がらない。

以前、似たような物件で、あまりの暑さにぐったりしていて、
「熱射病」になりかけていることに驚いたことがあったので、
今回はなんとかしなきゃな〜と思っていたところに、
前述の「天井のプロペラ 〜シーリングファン〜」を思い出した。

動きとしては結構ゆる〜く回っていることが多かったが、
思っている以上にその効果は大きかった。

さて、今の部屋にも設置しようかどうか。

他にもシーリングファンがないかな?と思って
ネットワーフをしていると面白いものを見つけた。

ビッグアスファン

https://www.bigassfansjapan.com/

2020年8月25日のがっちりマンデーで紹介されていたようだが、
なんと、こちらの商品、全長7.9m、家庭用家電扇風機の50台に相当する風量を生み出すとか。

ほ、欲しい。

その大きな効果である風量を生み出す秘訣は、
強い風を当てるのではなく、モノを冷やすこと=体感温度を下げることに特化しているからだそうだ。

実際は、扇風機が1000回/分に対して、
ビッグアスファンは60回/分と1分当たりの回転数は少ないものの、
風速1mの風を広範囲に届けることにより、
体感温度を5度も下げる。

お値段もそれなりで、300〜400万円と高価格だが、
昨年2020年8月にはアメリカで15万台も売れている。

換気が必要なコロナ感染対策や配送センターの影響もあって、
もしかすると販売数が倍増したのかもしれない。

「風速1m」をキーワードに、
自作したくなってきた。。。

あ、なるほど、もしかすると、
フィリピンやタイ、インドでみたシーリングファンが
ゆったりまったり回っていたのは、
この「風速1m」を狙っていた!?のかもしれないなぁ。