夏期集中講座実施レポート(沖縄大学・ボランティア体験)

沖縄大学の集中講座を企画運営する機会を頂いた。

前期、後期の授業を企画することはあったが、4日連続する集中講義はまた違ったカリキュラム設計ができて面白そうだな〜と思って、考える時間を頂いた。

授業テーマが「ボランティア体験」ということだったので、すぐに体験学習法を思いついたのだが、「ボランティア」というとき、どうしても「人助け(福祉)」というイメージがあった。

そこで、ちょっとその【前提】を変えてみたいなぁと思い、次のような妄想をする。

  • 言葉を発しない自然を守るのもボランティアになるのでは?
  • 自然を守るという意味では、化学農法や有機農法とは異なる自然農法も一つの手段では?
  • 自然を守るということは、郷土を守ること、文化を守ることにも繋がるので、沖縄の文化歴史を知ることを事前学習にしてはどうだろうか?
  • そもそもボランティア=助け合いとするなら、沖縄には「ゆいまーる」のように助け合いを意味する言葉がある。しかし、現代社会ではどんどん家族関係や地域コミュニティが希薄になってきているので、そこも伝える機会をもってはどうだろか?

と、いう具合に最後は私好みの郷土文化学習っぽく考えて、先生に相談してみる。

「農家さんの農作業を手伝うことで、自然助け(環境)となり、郷土文化や歴史を事前事後学習で学ぶ内容でもいいか?」

と。以外にも先生は即座に承諾して頂けた。

それでカリキュラムイメージを作成した。

集中講座カリキュラムイメージ

カリキュラムイメージをもとに、前々から考えていた農家さんにアプローチ、事前事後学習をお願いしたい講師にアプローチ、急な依頼にも関わらず、みなさんご快諾いただけた。(涙)

そして、細かいカリキュラム内容を作っていった。また、カリキュラム作成は、キャリア教育で使用する社会人基礎力との関連も合わせて考えてみた。

カリキュラム(社会人基礎力との対応表込み)

授業の内容はこちらでレポートするとして、学生からの感想を下記に共有する。

文化の学びを深めた人、歴史の学びを深めた人、沖縄の学びを深めた人、農業について学びを深めた人、様々で面白い。

いろんな気づきが学生たちの将来や沖縄の未来にちょっとでも変化を起こすと嬉しい。

貴重な機会をくださった沖縄大学 島袋隆志先生、
協力してくださった、
オフィス・サンジチャーの具志堅邦子、具志堅要さん、
宜野湾市の地域振興事業を行う崎原理恵さん、
沖縄の文化発信活動を行う阿波根あずささん、
そして、今回素晴らしい体験学習にご協力頂いた
合同会社沖縄れんこん代表の宮城優さんとスタッフさん、
4日間の集中講義に参加してくださった学生さんに感謝。

学生の感想











友達の素敵な体験談を読んでいた。
ちょっとその一部から拝借。

男性のセリフ「俺はいつもこれだ! 本土にはないものだ。食べなさい」

最後の「食べなさい」という言葉を読んで祖母(当時95歳)を思い出した。

小さい頃から、いつもは方言で話す祖母が、ご飯をだしてくれたときに

「食べなさい」

と、突然命令口調になるのがとっても怖かった。

威圧する音ではないのだが、前の言葉をうけてからの「○○なさい」と話をきられた後の間が怖かった。

今にして思えば、あれは祖母が慣れない標準語を使っただけで、きちんと文が終わっている。

同様に、中学の頃、塾の帰りに恐れていた父にジュースを買ってもらうのが嬉しかった。
飲んでいる私にぬーっと運転席から手を伸ばして、

「だぁ、飲んでみよう」

の「だぁ」と「○○みよう」が上からというかなんか嫌というか複雑だった。
反抗期という事もあったかもしれないから、自分に息子ができたら絶対に「だぁ」とか使わない!って決心した。

でも、【音】って気付かないうちにきちんと伝承されていて、
歩く時の足の骨のなる音に始まり、食べる時の音、話し始める時の音、笑いだす時の音、いろいろと父や祖母や母、妹達から影響うけているんだろうなぁと思う。

また、地域や友達やコミュニティなどで使う【音】は別のところへ行くと無性に気になったり、嫌になったりするかもしれない。

塾でイライラする瞬間がある。

それは、汚い言葉の音を小学生達が乱暴に飛び交わす時だったり、相手の言葉を遮って別の音を発したり、音が続いているのに全然違う音を出し始めたりする時。

絶対音感持っているはずなのに、そういう事になんで気付かないんだろう?と疑問に思う。
また、小学生と過ごす時間が増えてから、小学生と中学生の差はほとんどないという思い込みがなくなった。

修行も半年近くになるので、最近はかわし方も覚えてきた。
できればその音へ逆位相でフラットにする技を磨きたいなぁ〜と思う。

そして、器の小さい私もイライラなんかせず、
彼ら彼女らと心地よく品があって知的な音の会話をしよう☆

重森さんごちそうさまでした。

学習支援とボランティア

那覇市社会福祉協議会さまのご高配で、「発達障がいサポーターボランティア」の情報交換会に参加する機会を頂きました。

那覇市内の小学校では、「特別支援学級」に在籍する生徒さんがこの2年で100名近く増えているようで、年々増加傾向にあるようです。

市では認可無認可問わず保育園や幼稚園の職員さんへの支援を実施するなど、さまざまな取り組みも行っているそうです。

小中学校での特別な配慮が必要な生徒さんには、学校から教育委員会への要請があって学習支援ヘルパーさんが派遣される予定ですが、予算不足のため社協で養成講座を受講したボランティアさんが派遣される仕組みづくりをしているそうです。

が、ボランティアさんには「学習支援」は認められていないなど、様々な課題も山積していて、課長さんや職員さんもどのようにしたらよいのか、「縦割り行政」を超えた支援に頭を悩ませていました。

深い知識を得るため、放送大学に通って一般心理学を学ばれる責任感のあるボランティアさんもいらっしゃいました。

個人的にカイカ堂で、4年前から「サポートノートえいぶる」というノートを教育委員会からお預かりして支援を必要とするご父母さんにお配りしております。

どのような支援ができるかはわかりませんが、家族として「当事者」になってボランティアに参加するだけではまだまだボランティアは不足しています。

お金のある人が手厚い支援や介護を受けれる世知辛い社会ではあります。
が、学校や行政や一部の当事者に任せっぱなしではなく、一人でも多くの「ちむぐくる」が待機児童や学習支援児童を救う、寛容な社会(島)であったらいいなぁと思いました。

20130613-123023.jpg

20130613-123100.jpg