一方的にやる優しさ

(本より抜粋)ーーーーーーーーーーーーー
本当に追い込まれた人間は、助けての声が出なくなる。そして、「してほしいことある?」と聞かずに一方的にやってくれることが、ようやく助けての声を絞り出すためのプロセスになる。何より、温かくありがたいのだ。
脳が壊れた (新潮新書) 2016/6/16 鈴木 大介 (著)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以前、とある仕事で窮地に追い込まれた。どこにも相談できず、進めることしかできない状況にあった。

20代前半、いろいろ追い込まれて、情報が混線して頭が壊れそうになった。

幸にして、日常生活がストップしたり、仕事ができなくなるようなことはない「脳内処理」で済んだものの、身体的なアクシデントだとした場合、自分はどうなるんだろう?と考えた。

「いつ死んでもいいように」と冗談めいたことを言いながら生きてきているが、この場合の「死」とは「即死」を意味しているので、「瀕死」だった場合のリスク管理は自分はできてないことに気付かされた。

また、著者のいう「助けての声が出なくなる」について思い当たることがある。

以前、「佐渡山さんには『助けてコミュニケーション』が必要です。『助けて』と言えばいいんです。」と。

言われた時はなんて優しい言葉なんだろうと感激したが、実際のところ助けてをいざ言おうとなると、どう言っていいかわからなかった。またその言葉をかけた人達は特に何かをしてくれるわけでもないので、結局は自分一人で抱えて自走することしかできなかった。またそれにより後ろ向きな感情を持つようになってしまったが、この本を読んで自戒し、自分もそういう一見思わせぶりな発言を改めようと思った。

著者が言う「聞かずに一方的にやってくれることが、ようやく助けての声を絞り出すためのプロセス」、そう、まさにそう、大変そうだなとわかったら、何も聞かずにやってもらえた方がありがたく、声を絞り出すあるいは何かしらのプロセスに進める。

これは勉強を教えている現場でも応用できると思う。「わからないことがわからない。でも、なんとなくわかったような気がするけど進んでいいのかな?」と不安に思っている時に、「大丈夫?」と聞かずに「わかったつもり」でいいからちょっと進めてみようね、みたいに。

今となっては、先の追い込まれた経験や頭が壊れそうな経験はとてもいい経験をさせて頂いた。しかし、40歳を超えると「脳内処理」で片付かないことを想定せざるを得ないので、いざと言う時の対処法をまずは運動から日々コツコツ構築していく必要がある。

『程よい世話焼き』『いい加減なお節介』という言葉を聞いたり使ったりするが、そのいい塩梅ってのを自分もできるようにしたい。

・・・余談・・・
こちらの本は、ルポライターが書いたからなのか、読めない漢字、日常であまり使わないのですっかり読み方を忘れた漢字が続出して面白かった。復習の為に恥を曝しながらメモ。

  • 畢竟
  • 呂律
  • 瘦軀
  • 邂逅
  • 僥倖
  • 河豚
  • 不貞腐れる
  • 慚愧の念
  • 苛まれる
  • 膠芽腫
  • 拘泥

修行中の彼

民族資料館で当時の信仰に使われた道具を見ていると、突然現れた人影に思わず声がでる。

👦「驚かせてすみません。この水晶大きいですね」

聞くと、20代前半の彼は石を扱う仕事をしていて、今、カミンチュの修行をしているとのこと。

修行者に会うのは初めてで、思わず話に聞き入る。
龍の話、神様の話、修行に至った話などなど。

👦「せーのでオーラの色を言い合いましょう!せーの!」

で、答えたらそれは彼のオーラでなく私だった😅

なんかまぐれで当たっていたみたいで、オーラの解説が始まる。

続けて家系の話、歴史の話、彼とは握手をして別れた。

噂には聞いていたけど、
道具がなくても見えるようだ。

彼の場合は、ボンって煙が出てきてモヤが晴れると身体の中に入ってきて、言語や音ではなくイメージでわかるらしい。

ARっぽい事が彼の日常で起きてるんだろうなーと思う。

帰り際に、最近気になっていた腰痛を指摘され、
つらづらと対策を述べられた事に驚いた。

🤓「ところで、修行が終わるとカミンチュになるんですか?」
👦「カミンチュってのはなんか上から目線なので、シャーマンでありたいと思ってます。」

本当にこういうこと事あるんだなーという思いと、
彼の終始笑顔な事に感心した。

彼の修行が無事に終わりますよう

夏期集中講座実施レポート(沖縄大学・ボランティア体験)

沖縄大学の集中講座を企画運営する機会を頂いた。

前期、後期の授業を企画することはあったが、4日連続する集中講義はまた違ったカリキュラム設計ができて面白そうだな〜と思って、考える時間を頂いた。

授業テーマが「ボランティア体験」ということだったので、すぐに体験学習法を思いついたのだが、「ボランティア」というとき、どうしても「人助け(福祉)」というイメージがあった。

そこで、ちょっとその【前提】を変えてみたいなぁと思い、次のような妄想をする。

  • 言葉を発しない自然を守るのもボランティアになるのでは?
  • 自然を守るという意味では、化学農法や有機農法とは異なる自然農法も一つの手段では?
  • 自然を守るということは、郷土を守ること、文化を守ることにも繋がるので、沖縄の文化歴史を知ることを事前学習にしてはどうだろうか?
  • そもそもボランティア=助け合いとするなら、沖縄には「ゆいまーる」のように助け合いを意味する言葉がある。しかし、現代社会ではどんどん家族関係や地域コミュニティが希薄になってきているので、そこも伝える機会をもってはどうだろか?

と、いう具合に最後は私好みの郷土文化学習っぽく考えて、先生に相談してみる。

「農家さんの農作業を手伝うことで、自然助け(環境)となり、郷土文化や歴史を事前事後学習で学ぶ内容でもいいか?」

と。以外にも先生は即座に承諾して頂けた。

それでカリキュラムイメージを作成した。

集中講座カリキュラムイメージ

カリキュラムイメージをもとに、前々から考えていた農家さんにアプローチ、事前事後学習をお願いしたい講師にアプローチ、急な依頼にも関わらず、みなさんご快諾いただけた。(涙)

そして、細かいカリキュラム内容を作っていった。また、カリキュラム作成は、キャリア教育で使用する社会人基礎力との関連も合わせて考えてみた。

カリキュラム(社会人基礎力との対応表込み)

授業の内容はこちらでレポートするとして、学生からの感想を下記に共有する。

文化の学びを深めた人、歴史の学びを深めた人、沖縄の学びを深めた人、農業について学びを深めた人、様々で面白い。

いろんな気づきが学生たちの将来や沖縄の未来にちょっとでも変化を起こすと嬉しい。

貴重な機会をくださった沖縄大学 島袋隆志先生、
協力してくださった、
オフィス・サンジチャーの具志堅邦子、具志堅要さん、
宜野湾市の地域振興事業を行う崎原理恵さん、
沖縄の文化発信活動を行う阿波根あずささん、
そして、今回素晴らしい体験学習にご協力頂いた
合同会社沖縄れんこん代表の宮城優さんとスタッフさん、
4日間の集中講義に参加してくださった学生さんに感謝。

学生の感想